マイナビ リクナビ

土木の果たす役割に対して何を実現したいのか、あなたの「志」を聞かせてください。

「土木」というフィールドで、どんな仕事をしたいと考えていますか?
これは私が必ずみなさんに問いかける質問です。就職活動で業界・会社研究をされていくうちに、おそらく土木のなかでもさまざまなジャンルの仕事に出会うでしょう。「国民の生命と財産を守る」という使命、その目的に対して発注者の立場にたつのか、自らの手でその物を造り上げるのか、また技術者としてゼロから形を産み出していくのか。自分が担うべき役割を見つけるのが大きな目標となります。それが見つかれば次の目標として、思いを具現化できる場所はどこか、それに出会うための研究をしてみてください。
技術者として貢献する建設コンサルタントにも、地域性や得意分野、社風の違いがあります。我々はそれを知るための、もちろんその前の担うべき役割を見つける段階においても、情報提供は惜しみません。セミナーや面接でもじっくり時間をかけて話をしますし、会社訪問も随時受け付けています。実際に社内の様子に触れてこその発見もあるはずです。みなさんと会社、イーブンの立場でお互いに向き合い、理解し合いたいと考えています。

10年先に輝く仲間を求めて。ひとりひとりの個性と向き合う。

面接時によく話しをするうちに、中には「きみがやりたいことは発注者のほうが向いているのでは?」と助言するときもあります。少々お節介に聞こえるかもしれませんが、「人を大切にする」という意識が会社のベースにあるのです。当社にとって、人財は宝。私たちは採用にあたって、10年後に活躍して会社を創っていける人を採用する覚悟でいます。長い目で見て、会社と共に育つ人財です。その意味で、知識や成績の善し悪しだけでない人間力を重視した採用を行っています。たとえば、コミュニケーション能力。技術者ですからテクニカルな知識の追求はもちろん大事ですが、仕事をするにあたっては顧客(おきゃくさま)である発注者や地域住民の方とも会話する必要があります。人の懐に入る対話力も、これからの技術者に求められるでしょう。勉強以外の学生時代の経験がきっとそこに活きてくるはずです。専門性を高めながらも幅広く好奇心を持ち、違う分野の人と交流したり、趣味に没頭したり、仕事の枠を超えて取り組んでみたり。幅広い教養と能力が人を成長させ、人生をより豊かにするのだと思います。

さて、この会社であなたの未来は予感できそうですか? ぜひリアルな私たちを見てください。そして、あなたの話を聞かせてください。

中央 夢社員 十ヶ条

「企業の差は人財(じんざい)の差、人財の差は共育(きょういく)の差」という言葉があります。教育は、社員がお互いに高めあって育とうとする「共育」であってこそ。その結果、人材は人財になる、と考えます。「中央 夢社員 十箇条」は、こうありたいという社員像です。