早期エントリー

未来へ向かい、自然との共生を目指した豊かな人間環境を創造するために。土木工学というフィールドで
一流の仕事を追求していく。

「国民の生命と財産を守る」使命を、“技術”をもって全うする。

誰のための仕事か? それは、自分自身や家族も含めた「すべての国民」のため。このことは、我々土木を生業とする者の使命です。
社会資本整備の計画・設計や維持管理、そのための各種マネジメントなど、私たち建設コンサルタントに求められるものは単一的な技術に留まらない、幅広い知識とその応用力。
そんな技術力を有した一流のエンジニア、「CIVIL ENGINEER」として、国土を、そして国民の生命と財産を守っていくのです。


活動領域の拡がり

災害に強い国土づくりハード整備からソフト施策まで。

日本の国土を守る防災・減災は土木の大きな役割のひとつです。「復興まちづくり計画」など災害に備えたインフラ整備や、避難計画、広報・啓発支援も含めた減災対策など、ハードの設計を越えた領域においても我々の技術と知識が活かされています。

新しいものを創るだけでなく、既存の資産を活用する時代へ。

高度経済成長期に整備された多くの社会インフラが一斉に更新時期を迎えています。それらを長寿命化させるための点検・診断・補修・更新、さらに経営的観点からどう管理・運用するかという総合アセットマネジメントが求められています。

構想・企画から維持管理まで土木を円滑に進める役割。

住む人のために、使う人のために。顧客(おきゃくさま)である国や自治体のパートナーとして国民の声を聞き、都市や地域の将来像を想像しながら、企画から運用まで総合的に事業を推進していく。それが建設コンサルタントの役割です。


数字で読み解く中央コンサルタンツ

ノウハウと知恵の集結による全方位のエンジニアリング力

橋梁、道路、河川、港湾、まちづくり、公園……と幅広い領域の社会インフラを設計している中央コンサルタンツ。この幅広さが技術力の底上げにも繋がっています。たとえば、橋梁の設計には道路や河川の知識がいります。各分野の専門技術者がいるため、知恵を持ち寄り、高品位な成果品を生み出すことができるのです。当社では、若いうちにさまざまな領域で経験を積むことを推奨しています。その経験が将来にわたり技術者としての大きな武器となるからです。


信頼と実績の証となる技術士資格者

技術者が目指す最高の国家資格が「技術士」です。技術士は、専門知識はもちろん、新たな問題解決の糸口を見つけ出す応用力や、創意工夫する柔軟性も求められます。技術士資格を取得することで、はじめて「真の技術者」への第一歩を踏み出すとも言えるでしょう。
中央コンサルタンツの技術者は、業務を通じ知識と経験を積むともに、自ら日々の勉強の時間を生み出し資格取得に取り組んでいます。また模擬試験・面接などを通じた先輩技術士からのバックアップも大きな支えになっています。さらには取得してからも、自身の技術の幅をどこに広げていくかをもう一度見定め、新たな一歩を踏み出すのです。


成長の原動力となる継続的な人財採用と共育

創業から50余年。4千社以上ある建設コンサルタント会社のなかで売上高22位(※)と、全国展開しているなかでも上位の総合建設コンサルタントとして成長してきました。この背景にあるのが継続した新入社員の採用と共育です。技術者としての経験を積み、ともに成長を重ね、10年後に活躍する人財を採用し続けてきたことが、会社の原動力となっています。「国民の安全・安心のために」という使命感を胸に、これからの中央コンサルタンツを創っていきます。
※日経BP社「日経コンストラクション」2016.5.9より