中央コンサルタンツ株式会社

エントリー エントリー

流域整備・後藤が目指す
できる方法を考える技術者

「できない理由でなく、できる方法を考えて」
という言葉の重み。(前編)

「できない理由でなく、できる方法を考えて」
という言葉の重み。(前編)

学生時代は野球部で、今でも身体を動かすことが大好き。最近は社内の有志で結成したハンドボール部の練習で汗を流しているという後藤さん。平日は仕事に励み、週末のスポーツイベントでリフレッシュする。このメリハリが、ワークライフバランスを保つ秘訣だそうです。

水門河川流域整備現地調査砂防

流域整備部

後藤 健太GOTO KENTA

2015年入社

理工学部 建設システム工学科卒


Part.01

高校まで「土木」という言葉を知らなかった

Q

土木の分野に進もうと思ったきっかけは何でしたか?

実を言うと、高校卒業まで土木についてよく知りませんでした。いえ、「土木」という言葉の意味も曖昧だったくらいです。昔からものづくりに興味があったため建設システム工学科に進んだのですが、入った研究室のテーマが土木関連で、そこで初めて土木という分野の面白さに目覚めました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
Q

土木のどういう部分に魅力を感じたのですか?

テーマとしては都市計画です。都市計画について深く考えるようになると、街を歩くたびにソフト・ハード面の課題が見えてくるようになりました。例えばゴミ問題では、マナーを良くしましょうと、いうことで片づけてしまうのではなく、「まちづくり」の課題として考えるとまた別の取り組みが見えてくるなど、計画系の学問の面白さを知ることができました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
Q

では、都市計画に関する研究をしていたんですか?

いえ、大学での研究テーマは水工学でした。もともと自然が好きでしたし、都市計画を考える上でも治水は不可欠な要素です。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
Q

治水の中でもどんな研究をしていたのでしょうか。

例えば、大雨が降って山間部で土砂崩れが起きると、土砂が河川の一部をせき止めて天然のダムを形成することがあります。そのような天然ダムが決壊して起こる2次災害を研究していました。といっても、実際にダムを決壊させるわけにはいかないので、ダムの模型をつくって水を流し、ダムの構造と水の量、被害のメカニズムなどを割り出していました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
後藤

Part.02

学生のことをちゃんと考えてくれる会社

Q

就職活動では、どういう視点で会社選びをしたのですか?

最初は業界を絞らず、さまざまな業界を見てみようと思っていました。ゼネコン、建設コンサルタントの他に商社、銀行などの会社訪問をしましたが、やはり自分が一番興味をそそられたのは土木でした。中でも自分の「意志」や「想い」をものづくりに反映させられるのは、ゼネコンではなくコンサルタントだと気づき、この業界に絞って就職活動を行いました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
Q

その中で、中央コンサルタンツを選んだ理由は何でしたか?

説明会で本社を訪れた時、社内のフロアまで案内され、社員が実際に仕事をしている姿を目の前で見せてもらいました。そこまでしてもらい感動したことが大きな理由でした。他の会社も訪問しましたが、それほど近くで見せてもらえたのは中央コンサルタンツ以外になかったと思います。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
Q

学生のために、社員がそこまでしてくれたことが嬉しかったんですね?

そうですね。それもただ社内を公開するだけでなく、リアルな仕事風景を学生に見てもらうことで、入社後の「こんなはずじゃなかった」というミスマッチを防ごうとしている想いが伝わってきました。学生のことをしっかり考えてくれている会社だなあと強く思いました。他にも、会社説明会の時間は16時までの予定だったのに、こちらがいろいろと質問をしていたら、途中で打ち切るのではなく時間を延長して話をしてくれたところも嬉しく思いました。学生のために仕事の時間を余分に割いてくれたことが嬉しくて、こんな会社で仕事をしたいと思うようになりました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
後藤

Part.03

モデルでは得られない面白さ

Q

入社前は、どんな仕事をしたいと思っていましたか?

大学の研究テーマが水工学だったので、水に関わる仕事がしたいと希望を出していました。その希望が通り、入社後は流域整備部に配属され、砂防に関する計画図面や数量計算書のチェックなどをしていました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
Q

入社前に抱いていたイメージと、入社後のギャップはありましたか?

ありました。まず、課長をはじめ上司や先輩がとても優しくてフランクだったこと。入社前は「社会人って厳格な人ばかりなんだろうなあ」と思っていたので、良い意味で裏切られました。それともう一つ、現地調査の仕事が意外に面白いということも大きな発見でした。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
Q

現地調査はどこに行ったのですか?

例えば、砂防堰堤の設置予定場所に行き、現地の流木量や礫の大きさなどの状況を調査しました。初めて現地調査について行った時に、リアルな現場の面白さを実感しました。大学の研究室でモデルを見ているだけでは得られない感動でした。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
Q

その感動とはどういうことですか?

リアルなディテールが見られることです。図面を見る限りはまっさらで何もない平地でも、現地に行くと祠が立っていたり、段差があったりすることは珍しくありません。でも工事用の重機を入れるには、わずかな段差でも工法の再検討が必要になりかねません。そういうディテールはリアルな現場を見なくては分かりませんから。現場には、さまざまな発見があります。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/goto_icon-1.png
後藤
後藤

中央コンサルタンツ コーポレートサイトはこちら