中央コンサルタンツ株式会社

エントリー エントリー

入社3年目・工藤が味わった
区画整理の苦労と醍醐味

現地で見たこと、聞いたことが
「課題解決」の鍵になる。(前編)

現地で見たこと、聞いたことが
「課題解決」の鍵になる。(前編)

大学時代からの旅行好きは今も継続中で、休日になると家でじっとしていられないという工藤さん。どこかの観光地が人気だと聞くとすぐに足を運び、その地の名物や旬の料理を楽しみます。またスポーツも大好きで、草野球やゴルフを楽しむという行動派。

区画整理官民連携業務都市整備

都市整備部

工藤 悟KUDO SATORU

2017年入社

理工学部 環境創造学科


Part.01

街づくりがしたくて飛び込んだ

Q

土木業界に進もうと思ったきっかけを教えてください。

幼い頃、住んでいた家を祖父母が改築したことがありました。その時、工事に関わった大工さんや職人さんの仕事ぶりや、知らなかった自分の家の構造などを見て、建築の世界に興味を持ちました。その気持ちは高校でも変わらず、将来は不動産業界や住宅業界に進みたくて、住環境について学べる学科を選びました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

大学ではどんな勉強をしていましたか?

自然環境と都市・住環境を学ぶ学科で、住環境の研究室に入り熱中症などの研究をしていました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

建築に近いテーマですが、そこからどのように土木に興味が移っていったんですか?

私は昔から旅行が好きで、大学時代に多くの国や街を訪れました。そこで多くの街を見るうちに、一つの建物をつくるということではなく、人々が集い、憩い、そして生活する「街」づくりの方が気になり始めました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

就職活動はどのように進めましたか?

街づくりに関わりたいという希望を持ちながら、ハウスメーカーや不動産、ゼネコンなど、建築・土木関連の業界を幅広く回りました。そして先輩訪問や説明会に行き、いろんな方から話を聞くたび、その会社で働く自分の姿を想像できるかどうか、を考えてしていました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

なぜ中央コンサルタンツだったのですか?

面接で会ったすべての方が「気遣い」のできる方ばかりで、こういう人たちと一緒に仕事をしている自分がすんなり想像できたので、中央コンサルタンツを志望しました。それと、業務内容の中に区画整理があったことも決め手となりました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

区画整理ですか? どういうことでしょう。

区画整理というのは、街を新しく生まれ変わらせるということ。それは「街づくり」であり、私がやってみたいと思っていた仕事でした。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
工藤

Part.02

海外の街を見て、人と話して気づいたこと

Q

大学時代、街づくりに興味を持ったきっかけは何でしたか?

当時は時間に余裕があったので、よく海外旅行に行きました。大学時代に行ったのは香港・マカオ・イタリア・スペインなど。特にイタリアは石畳が好きで、旅行中に何度も訪ねました。そしていろんな街の景色を見ながら「なぜ人々はこの場所に集まるんだろう」「多くの人が集まる街には、何か共通点があるのだろうか」などと考えていました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

街の何が、工藤さんをそこまで魅了したんでしょう。

その国や街に暮らす人々の人間性が、街の雰囲気に反映されているからだと思います。うまく説明しづらいのですが、例えば、年中気候が良いロサンゼルスにはさまざまな人種が集まりますが、彼らはみな開放的で人の目もあまり気にせず、好きなことをして過ごしているように見えます。そんな人々の文化が、雰囲気として街中を覆っているという感じしょうか。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

旅先で、そんなことを考えていたんですね。

そうですね。現地ではただ観光地を回るだけでなく、景色を見たり、その街に住む人といろんな話をするのが好きでした。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
工藤

Part.03

新人の仕事が、会社の「成果」になる

Q

入社後はどのような仕事に携わってこられましたか?

1年目は都市計画分野で、都市計画マスタープランやリニア中央新幹線関連の業務をしていました。といっても先輩のサポートが中心で、参考資料の収集や資料のチェックなどが主な業務でした。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

当時、気をつけていたことはありますか?

先輩のサポートなので、図面をつくったり文章を考える時でも、まずは先輩がつくった仕事の型がありました。だからその型の中で自分が何をすべきか、どこまでできるかを考え、成果を出そうと考えていました。あと、単純な誤字脱字に注意すること。これも重要なポイントです。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

中央コンサルタンツに入社して驚いたこと、意外に思ったことはありましたか?

新人の自分が作成した資料が、会社の業務成果としてオーソライズされること。コンサルタントというと、技術者が単独でバリバリ仕事を進めるというイメージでしたが、まだ新人だった自分を含めた全員で、一つの大きな成果を出そうとしていることに驚きとやりがいを感じました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

その後はどのような仕事をしてきたんですか?

2年目からは「土地区画整理事業」を担当し、現在は「官民連携業務」に携わっています。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

仕事をする中で「壁」を感じることはありましたか?

3年目になって、自分で考えて資料をつくる機会が多くなってきました。以前は、先輩からの課題に答えを出すのが仕事でしたが、自分で考えるということは、自分で課題を考えなくてはなりません。もともと土木は「答えがない」と言われる業界ですから、課題を見つけることは大変です。どのような道筋で考えるか、どのように情報収集するか。そこから自分で決めなくてはならず、高い壁を感じます。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
Q

そういう時はどのように解決していくのですか?

先輩に聞いてみることが多いです。あと、机上で図面をにらんでいても何も始まらないので、そういう時は実際に現地に行きます。土地区画整理事業であれば、その土地を見て「段差はないか」とか「用水路がどうなっているか」など、現地を見ながら、少しずつ自分なりの解決策を探っていきます。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2020/02/kudo_icon.png
工藤
工藤

中央コンサルタンツ コーポレートサイトはこちら