中央コンサルタンツ株式会社

エントリー エントリー

入社2年目・竹内が語る
今はまだ「感動の入り口」

自分が設計した現場を見たら、
どれくらい感動するんだろう。(前編)

自分が設計した現場を見たら、
どれくらい感動するんだろう。(前編)

高校時代から街の構造を考えるのが好きで、都市計画を学ぼうと思った竹内さん。ジョブローテーションでいろんな分野を経験できることに魅力を感じ、中央コンサルタンツへ。その言葉通り、今は夢の実現に向けて猛勉強中。

交通区画整理大学院卒新人奮闘記道路設計

交通部

竹内 修人TAKEUCHI SHUTO

2018年入社

工学研究科 都市デザイン工学専攻 修了


Part.01

どちらの夜道が足を踏み入れやすい?

Q

土木業界を目指そうと思ったきっかけは何でしたか?

高校3年で進路を決める時、自分は何が好きなのかを振り返って考えてみました。そして、いろんな街の景観を見ることが好きだということに思い当たり、将来、都市計画の仕事をしたくて土木分野の学部に進みました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
Q

景観の中でも、何を見るのが好きだったんですか?

多分、街の構造を見るのが好きだったんだと思います。今、自分が歩いている道路がどのように他の道路とつながっているのか、それによってどんな景観が構成されているかなど、実際に歩きながら考えるのが好きでした。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
Q

大学ではどういう勉強をしていましたか?

学部時代は水や橋梁、道路、都市計画など、土木の全般を学びました。私は光環境のゼミに所属し、夜間のライトアップに関する研究をしていました。例えば、照明された二つの夜道があるとして、全体的に照らされている道と、足元だけが照らされている道では、人はどちらが入りやすいのか、といった研究をしていました。ちなみに、答えは「足元だけ照らされた道」の方が入りやすいんです。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
Q

大学院では何を?

同じです。大学院でも広く土木について学びながら、光環境の研究室で前述のような夜間道路における行動の研究に取り組んでいました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
竹内

Part.02

ジョブローテーションのある会社

Q

面白そうな研究ですね。それで、どういう視点で就職活動を行っていましたか?

企画・調査から計画、設計までできるコンサルタントに行きたいと最初から思っていました。中でも土木系コンサルタントは関わる分野が広く、またそれらの領域が複雑に絡み合っているイメージがあり、ここなら一つの分野に限らず幅広い勉強ができそうだと思っていました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
Q

中央コンサルタンツを選んだのはどういう理由でしたか?

いろんな勉強がしたいと思っていたので、複数の部署を回ってさまざまな業務を経験できるジョブローテーションがあるところが魅力でした。私が調べた範囲では、ジョブローテーションを制度として設けている会社は他にありませんでした。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
Q

いろんな分野を学んで、将来は何をしようと考えていたんですか?

水、道路、環境、とにかくあらゆる分野を学んで、最終的には先輩から聞いた話が面白そうだった都市計画の仕事を、蓄積した知識を活かしながらやってみたいと思っていました。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
竹内

Part.03

自分が関わった現場を見て感動

Q

入社後の配属についてお聞かせください。

最初に配属されたのは、交通部2課という部署。ここで1年ほど、田畑を宅地に造成する区画整理関連の書類準備などをして業務を覚えました。次に同部の4課に異動し、今は道路設計を少しずつ勉強しています。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
Q

具体的にはどんな道路ですか?

今担当しているのは、他社が基本設計した道路計画に基づく詳細設計です。といっても、今はまだ上司の指示に従って専用ソフトを使いながら図面を修正したり、計算書の数値を修正したりという業務が主体。まだまだ自分で考えて図面を起こすところまでは行っていません。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
Q

まだまだ勉強中と。

もちろんです。区画整理の業務では、第三者が理解しやすいように申請書の図面を分かりやすくつくり直すという作業を担当しました。というと簡単そうですが、業務以外に覚えることがとても多くて大変です。今は必死で知識をつけている段階で、自分が成長できているという達成感は正直まだありません。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
Q

仕事のやりがいはどういう時に感じますか?

自分が携わっていた区画整理の業務が始まったと聞き、自分の目で見てみようと思って休日に行ってみました。そして、今まで何度も見ていた図面の通りに工事が進んでいるのを見て、すごく感動しました。自分が設計したわけでもないのに。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
Q

あ、そういえばそうですね。

はい。自分はただ数値を修正したりしただけですけど、それでも実際の現場を見るとこんなに感慨深いのかと驚きました。もし自分が設計したものが実際に形になったとしたら、どんなに嬉しいか。そう考えると、今から楽しみです。

https://www.chuoh-c.co.jp/fresh/blog/wp-content/uploads/2019/11/takeuchi01_qa_a.jpg
竹内
竹内

中央コンサルタンツ コーポレートサイトはこちら