中央コンサルタンツ株式会社

早期エントリー
エントリー エントリー

MESSAGEメッセージ

髙田 大稀

ジョブローテーションがすごい

あらゆる分野に精通でき、
やりたいことが見つかる

髙田 大稀Takada Daiki

2017年入社
理工学研究科 都市システム工学専攻

都市計画をはじめ土木の分野に広く関わることができること。なかでも中央コンサルタンツはジョブローテーションを実施しており、さまざまな分野の業務を経験でき、最も成長できると確信し志望しました。

入社してから自分のやりたい分野に進めることが決め手だった

私が中央コンサルタンツを第一志望とした理由は、ジョブローテーションです。一般的に、建設コンサルタント会社をはじめ建設業では、採用の段階から橋梁や道路など部門別にタテ割りで、仕事のフィールドが限定されていることが多いです。しかし、中央コンサルタンツは違います。入社して、ジョブローテーションによって部門も専門も異なる仕事を経験できます。しかも、自分の意志とやりたいことを考慮してもらえます。仕事を通して大きく成長していきたいと考えた私にとって、それは大きな決め手になりました。
と言うのも私は、大学で土木・建築の両方を学び、広く都市全体の計画づくりに関心があったためです。そこで都市計画分野全般にさまざまな角度から携われる力をつけたかったのです。幅広い知識を持つ土木技術者の育成に力を入れている中央コンサルタンツは、まさに私にとって、うってつけの会社でした。

スペシャリストとしての力を伸ばしながらゼネラリストとしても成長できる

私にとって、都市計画の分野全般を極めたいというのがキャリアの目標、ゴールです。しかし、そこへたどり着くまでにどのようにその歩みを進めればよいのか。私は、構造、道路、河川、都市計画など一つひとつの専門業務を経験し、自分の得意分野を一つひとつつくっていくことこそが大事だと思います。そうして経験を積むことによって、やがて都市計画全般について対応力のある技術者になれるのではないかと思うのです。都市計画という一つの業務でも、構造や地盤など、他分野の知識を要求されることが多々あります。ジョブローテーション制度は、こうした実情に対応する力を鍛え、私個人の技術者としての成長を後押ししてくれるだろうと期待しています。

私たちが設計した施設が具体化することで、地域のよりよい暮らしにつながる

現在、私は都市計画のチームに在籍し、公園や駅前広場の設計を行っています。なかでも、植栽や排水計画など細部の図面を制作する詳細設計を担当しています。
「公園」は、そこに住む人にとって、自分と社会をつなぐ場であり、人が自然と接する貴重な機会となります。そのコミュニティの中心となり象徴ともなるでしょう。では、この街の公園はどうあるべきか。その答えは、その街そのものを考えることと同じです。そこには、どんな植栽が必要か。普段、何気なく目にしている景色の中にある「公園」の植栽ひとつとっても、土木技術者がソフト・ハード両面から考えることのできる対象です。そうしたところがこの仕事のとてもおもしろい一面で、私たちの仕事がより良い暮らしに役立つことができるということを実感しています。今後も、さまざまな分野の仕事を経験することで、「都市」を扱う技術者として成長していきたいと思っています。

ONE DAY SCHEDULE

  • 07:00
    起床

    テレビでニュースを見ながら身支度

  • 08:15
    出社

    備品の補充や身の回りの清掃

  • 08:30
    始業準備

    メールの確認、一日の業務予定の確認

  • 08:50
    ミーティング

    一日のスケジュールをチームで共有

  • 09:00
    午前業務

    図面の作成、分析、数量計算書の作成

  • 12:00
    昼食

    会社の外に出て昼食

  • 13:00
    午後業務

    資料の作成、ミーティング、打合せ

  • 17:00
    終業

    片付け、翌日の準備

  • 18:00
    退社

    買い物等を済ませ帰宅

  • 19:00
    夕食

    自炊をしてゆっくり夕ご飯

  • 20:00
    学習

    基準書などを読んで勉強

  • 21:00
    入浴

    一日の疲れをとるために長めの入浴

  • 22:00
    自由時間

    テレビを見たり読書をしたり

  • 23:30
    就寝

中央コンサルタンツ コーポレートサイトはこちら