中央コンサルタンツ株式会社

早期エントリー
エントリー エントリー

MESSAGEメッセージ

遠藤 迅敏

若手に任せる

若い社員が多く自主性を尊重。
働き方改革も進む

遠藤 迅敏Endo Hayato

2012年入社
工学部建設学科 シビルエンジニアリングコース

学生時代からやりたかった構造分野(橋梁)について、強みを持っていることが入社の決め手でした。当社は、若い社員が多く、業務に対する意欲を伝えることで、若手社員であろうとも業務を着手から納品まで一連の流れで経験することができます。

橋梁に強みを持つ中央コンサルタンツだから選んだ

小学校のころから設計に興味を持っていました。卒業アルバムに書いた将来の夢も「設計士」。家族旅行で四国を訪れたときに見た本四連絡橋に圧倒され、中学のころには、将来は自分も橋梁づくりに携わりたいと思うようになっていました。大学では土木を専攻。就活に際しても、思いは変わりませんでした。さまざまな分野を経験できること、橋梁を含む構造分野について実績があること、そうした理由で中央コンサルタンツを志望しました。やりたいとずっと思い続けたことを仕事にできる。このまっすぐな思いで選択しましたね。そのためのベストな選択が中央コンサルタンツだったのです。どこに本社があるかは一切気にしませんでした。

ベテラン社員の手厚いサポートを受けながら若手でも第一線に立てる

思いがかなって入社後は、橋梁に関する業務に携わっています。主な業務は、5年に1度と義務付けられている橋梁の法定点検や調査、耐震補強設計などです。首都高など高速道路も基本的にすべて「橋」で、大規模改修に向けた業務にも所属部署で取り組んでいます。 当社の魅力は、若手社員でも、業務を着手から納品までの一連の流れで経験することができるところ。企業セミナーの際、若手でも第一線に立てるという説明がありましたが、まさにその通り。発注者は国交省や自治体など行政機関が中心。国民の命と暮らしを守るという使命から大きな社会的責任を伴います。多くの知識と経験が必要なため、若いうちは部分的な仕事が多いと思われがちですが、私は若いうちから業務の一連の流れをすべて担当することができました。業務を通じて技術力を高めることができ、責任ある立場に立つことでしか身につかないさまざまな経験をすることができました。任されてやりきる。これは想像以上に大きな自信となります。この背景には、高度な技術力と経験を有するベテラン社員の手厚いサポートがあるのは言うまでもありません。こうして思う存分、ここで成長できているという実感が私にはあります。

自分が設計したものが形になる。それが一番の喜び

こんなことがありました。私が入社3年目のときのことです。ある道路の橋梁のつなぎ目にあたる部分が破損するというトラブルが発生しました。橋梁自体は応急措置で通行できる状態にはなっていましたが、一刻も早い完全復旧が待たれており、私が主担当としてこの国交省の業務に関わることになったのです。緊急度の高い仕事なので、チーム一丸となって新たな伸縮装置(伸縮目地)の取り替え設計に取り組みました。その結果、予定通り設計した伸縮装置が完成。それを見たとき、とても感動しました。不測の事態に対して迅速に対応したことが評価されたのだと思うのですが、関東地方整備局より局長表彰をいただくこともでき、私自身もこの仕事をやる上で、誇りや自信を得ることができました。
この仕事は、目立つ仕事ではありません。しかし、国民の皆さんの暮らしや社会の基盤を支えるという大きなやりがいのある仕事です。その一旦を担い、自分が設計したものが役に立つことを目にすることがきます。今後、さらに橋梁の技術者として、全国いたるところで、新設はもちろんのこと、補修・補強も含め、オールマイティーにこなすことができるようになりたいです。

ONE DAY SCHEDULE

  • 07:00
    起床
  • 08:20
    出社
  • 08:30
    始業準備

    メールチェックなど

  • 09:00
    午前業務

    打合せ資料の作成、顧客等への連絡など

  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    午後業務

    顧客との打合せ、資料整理・修正など

  • 17:00
    休憩
  • 17:30
    時間外勤務開始

    打合せ内容の確認及び資料の作成

  • 20:30
    退社
  • 21:30
    帰宅
  • 22:00
    夕食
  • 22:30
    入浴
  • 23:00
    自由時間

    筋トレ、DVD鑑賞、読書(専門書等)

  • 23:30
    就寝

中央コンサルタンツ コーポレートサイトはこちら