会社案内

福岡支店の社員からのメッセージ

日本を支える港湾の仕事

New!! 2017年入社 設計部 北里紘基

携わっている業務の内容は?

 私は、これまで港湾構造物の設計や海岸事業における整備効果検討、ターミナル整備計画の検討、長寿命化計画の策定等、港湾分野の様々な業務に携わってきました。

仕事の魅力、やり甲斐を感じるエピソードは?

 日本は島国であるため、港は防災・物流の拠点として、重要な役割を担っています。その中で新規施設の整備や既存施設の補修・補強等の設計、アセットマネジメント計画の策定等、様々な側面から貢献できることが魅力の1つです。最近では、大型クルーズ船寄港のためのターミナル整備事業に携わっており、完成した姿を見ることが、仕事のモチベーションとなっています。

社内の雰囲気は?

 社内には明るい性格の人が多く、先輩社員との距離が近いため、15時のリフレッシュタイム等を活用して、先輩社員と冗談を言い合ったり、プライベートな相談に乗ってもらったりできる雰囲気があり、働きやすさを実感できます。


▲ページトップへ

利用者のための設計

New!! 2018年入社 設計部 中村弘樹

携わっている業務の内容は?

 私は、これまでに平成29年九州北部豪雨の災害復旧として、砂防堰堤の施設配置設計業務や農業用取水堰の統廃合業務などに携わってきました。
 現在は、道路分野において、新規路線の道路設計や無電柱化業務に従事しています。

仕事の魅力、やり甲斐を感じるエピソードは?

 建設コンサルタントの魅力は「人々の社会インフラを支える」ことです。
 私はそれを災害復旧の農業用取水堰の統廃合業務に携わった時に実感しました。被災された方々にヒアリング調査を行い、被災の現状や今後の要望など「利用者の声」を直に聞くことが出来ました。その声を基に設計を行い、可能な限り「利用者目線」の計画を行いました。業務を行う中、苦悩や試行錯誤の連続でしたが、実際に成果を納めることが出来たときは大きなやり甲斐や充実感を得ました。

社内の雰囲気は?

 社内は、仕切りがなくオープンなフロアとなっています。また、明るく、親しみやすい方が多いため、他分野の先輩社員や上司の方にも質問等をしやすい環境だと思います。


▲ページトップへ

建設コンサルタントの魅力と楽しさ

New!! 2019年入社 設計部 山口剛史

携わっている業務の内容は?

 私は入社以来、新設の橋梁設計に携わっています。架替え設計や新規道路整備事業における設計を行っています。   

仕事の魅力、やり甲斐を感じるエピソードは?

 1年目ということで、毎日が勉強の日々です。初めて行う作業が多い中、先輩方の指導をいただき、基準書を理解しながら、任された業務を完了させたときには、成長を実感しています。
 この仕事の魅力は私たちの成果品が地図に残るということと、人々の生活基盤を支えることが出来るということです。社内外での打合せで議論し合い、一つひとつの課題を解決していく過程にやり甲斐を感じることが出来る仕事です。    

社内の雰囲気は?

 社内は、仕切りのないフロアで、課やチーム関係なく意見交換しやすいオープンで楽しい環境です。覚えることが多い中、分からないことは気軽に質問・相談でき、私自身恵まれた環境に置かれていると感じています。


▲ページトップへ

建設コンサルタントの魅力

2016年入社 設計部 今村 萌

携わっている業務の内容は?

 私は入社以来、橋梁の新設設計や補修・維持管理業務に携わっていますが、主に老朽化・災害に伴う架替え設計や新規道路整備における橋梁設計業務を行っています。

仕事の魅力、やり甲斐を感じるエピソードは?

 入社3年目の私には、自分が設計し完成した橋梁はまだありませんが、生まれ育った地元やゆかりある土地に、当社の先輩方が設計した橋を見かけると、私も自分の設計した橋が地図に載る日が近いのではないかとわくわくします。
 私達の仕事は、インフラ整備に関わる「知恵」「知識」を設計成果品という商品として顧客に提供し、国民の財産である社会基盤をつくり上げることですが、その目に見えない商品が目に見える構造物や街となって、私たちの日常を支えるものへと繋がっていることが魅力であり、やり甲斐だと思います。

社内の雰囲気は?

 業務以外の話題でもコミュニケーションがとれるので、純粋に「職場が楽しい」と感じることが多いです。
 また、仕切りのないフロアで、知識・経験豊富な先輩方と一緒に仕事ができ、技術力向上に繋がる環境です。


▲ページトップへ

社会の仕組みを思い描く仕事

2011年入社 設計部 小野紘平

携わっている業務の内容は?

 私は、都市計画・道路交通の部門に所属し、地域公共交通、地域づくりの計画策定、駅前広場や公園の調査・設計、道路交通分野の実態調査・事故分析などの業務に携わっています。

仕事の魅力、やり甲斐を感じるエピソードは?

 自分の提案で社会を変えていける力がある事は、この仕事の魅力だと感じます。とりわけ、公共事業の中で自分の思い描いた事を社会に提案する計画系業務では、この事を実感する機会も多いです。地域公共交通の計画では、公共交通がない地域に新たな交通サービスを提案する事がありますが、これまでになかったサービスについて、必要性を理解してもらう事が難しい場面もあります。この時、丁寧に説明を繰り返しながら、新たな交通が実現した際は自分の提案で社会の変化に繋がった事を実感できますし、「できて良かった」の声があると更に大きなやり甲斐を感じられる仕事だと思います。

社内の雰囲気は?

 社内は、壁がなく明るいオフィスになっており、先輩後輩問わず話しやすい雰囲気です。分野が近い同僚が近くにいるので、問題に直面した時には互いにアイデアを出し合い、仲間同士でフォローし合える環境です。


▲ページトップへ

生活の基盤を支える仕事

2016年入社 設計部 木下広章

携わっている業務の内容は?

 私はこれまで、河川護岸復旧や護岸補修設計などの業務に携わってきました。現在は、下水道施設のストックマネジメント業務に携わり、具体的には、老朽化が進んでいる下水道施設のリスク評価を行い、緊急度が高い施設の優先度を決めることで、効率的・効果的な修繕や改築計画を立案することを目的としています。
 建設コンサルタントの仕事は、様々な分野の業務に携わることも多いため、幅広い分野に精通した技術者になれるよう、日々取り組んでいます。

仕事の魅力、やり甲斐を感じるエピソードは?

 建設コンサルタントの仕事の魅力は、「私たちが計画・設計した公共施設が人々の生活の基盤を支える」ことです。私がそれを実感したのは、豪雨災害で被災した河川護岸の復旧業務に携わった時です。次期出水による2次被害を防止するため、早急な対応を求められ、チーム一丸となり乗り越えることができました。実際に、河川護岸が整備された時には、そこを利用する地域住民のために「社会貢献できた」という気持ちになれたことを覚えています。

社内の雰囲気は?

 社内は仕切りが無く、開放的となっており、議論や意見交換を行いやすい環境です。また、若手社員が担当する業務は、先輩技術者からの技術指導を受けながら、早い段階から技術者として成長できる環境がある所も魅力の一つです。


▲ページトップへ

地図に残る仕事

2015年入社 設計部 上口雄太郎

携わっている業務の内容は?

 私は入社以来、河川・砂防設計の業務に携わってきました。特に、河川構造物のコンクリート劣化調査および補修設計業務、洪水で被災した護岸の復旧対策設計業務、砂防施設の渓流保全工の設計業務など、様々な業務に従事してきました。

仕事の魅力、やり甲斐を感じるエピソードは?

 基準書や事例を調べて先輩の技術者と社内打合せを行い、設計方針において試行錯誤した事案が、顧客(おきゃくさま)との打合せで採用された時は、提案してよかったと充実感が沸いてきます。
 また、「地図に残る仕事」ができることは仕事の魅力だと思います。先日、新入社員時代に設計した構造物が完成したと聞いて見学に行きました。よくある護岸施設ですが、設計した身としては、我が子のように輝いて見えました。

社内の雰囲気は?

 社員はフランクな人が多く、穏やかな雰囲気で仕事に取り組めます。また、オフィスには仕切りがなく、業務上では接点の少ない社員とも気軽に話すことができるため、関係は良好です。また、良い設計を目指すが故に、時には熱い議論を交わすこともあり、一流の技術者に成長できる職場環境が整っていると思います。


▲ページトップへ

自分の設計が実際にでき上がる面白さ

2015年入社 設計部 緒方直人

携わっている業務の内容は?

 私は道路・都市計画分野の業務に携わっています。
 最近では、高規格道路の設計業務や自動車の急挙動データ(急ブレーキ等)より事故の危険性が高い箇所を分析し対策を行う業務、地震等の災害によって崩壊した道路の復旧計画を行う業務等、道路分野に幅広く携わっています。

仕事の魅力、やり甲斐を感じるエピソードは?

 毎日のように自分の知らない技術的表現・知識に直面する中で、それを一つひとつ解決し、自分の技術にできることに魅力を感じています。
 日々積み重ねた技術が業務の成果に結びついた時は、「社会に貢献している」という気持ちになります。

社内の雰囲気は?

 社内は、仕切りのない空間となっており、周りの人たちとの相談や会議がとても行いやすい環境になっています。
 経験豊富な先輩技術者も多く、一緒に仕事をすることで自分の技術を引き上げてもらう場面も多いです。
 時には会社帰りに食事に行き、仕事上の悩みやプライベートの話などを気軽に話し合い、とてもアットホームな会社です。


▲ページトップへ

地域住民の皆様のために

2014年入社 設計部 中島 亮

携わっている業務の内容は?

 私は現在、構造物の維持管理業務に携わっており、主に既設橋梁の補修設計業務に従事しています。特に老朽化により生じた橋梁の変状に対して、その要因を究明するために必要な調査を立案し、長寿命化を目的とした補修対策の選定や施工方法等を計画しています。

仕事の魅力、やり甲斐を感じるエピソードは?

 熊本地震の復興業務で経験したことですが、主要道路や通学路に利用されている橋梁が、地震の影響により損傷を受けて、地域の方々が通行できなくなった橋がありました。その橋の対策方針の立案や施工計画等で、自らが設計に携わったことが実際の施工に反映され、橋がよみがえり、地域住民の方々が渡られている姿を見たとき、社会貢献できる魅力を改めて感じました。

社内の雰囲気は?

 社内はオープンスペースになっており、上司・同僚・後輩とのコミュニケーションを容易に図ることが出来ます。また、先輩技術者の仕事の取組姿勢や技術力向上の方法を身近に体感することができるため、一人前の技術者になるために必要な環境が整った職場環境だと思います。


▲ページトップへ

建設コンサルタントの魅力

2013年入社 設計部 守口祥平

携わっている業務の内容は?

 私は現在、橋梁の新設設計業務に携わっており、主に橋梁の老朽化による架替設計や、新規道路整備における新設橋梁設計等を行っています。橋梁を計画するにあたり、供用開始後の利便性や耐久性はもちろんのこと、施工時に生じる騒音・振動の対策や、重機の搬入経路及び施工方法など、工事中における地域住民への影響を最小限にした計画となるよう心掛けています。

仕事の魅力、やり甲斐を感じることは?

 最大の魅力・やり甲斐は、国民生活を支える社会資本を整備するという大事な役割に携われることです。業務は非常に専門性が高く日々勉強で大変ではありますが、自分が設計したものが完成し、何十年とその地に残り、地域住民の生活を支えていくことにやり甲斐を感じます。熊本地震の際には、これまでの経験を活かして被災した橋梁の復旧設計にも携わり、地域住民の役に立つ仕事が出来ていることを改めて実感しました。

社内の雰囲気は?

 仕切りのない広々としたフロアで他分野の技術者達と一緒に業務を行っているため、明るく活気にあふれています。また、ジョブローテーションにより支店内の多くの先輩技術者達と繋がりを持つことが出来るため、業務を通じて疑問に感じたことを周りに相談しやすい職場環境です。


▲ページトップへ

維持管理技術の向上を目指して

1995年入社 技術部課長 田中智行
技術士:総合技術監理部門(鋼構造及びコンクリート)
建設部門(鋼構造及びコンクリート)

携わっている業務の内容は?

 橋の耐震補強設計や補修設計などの維持管理業務に従事しており、複数業務の管理技術者として、設計方針の決定や対策優先順位の決定などを行っています。

仕事の魅力、やり甲斐を感じることは?

 橋の生まれた時期、育った環境は、人と同じくそれぞれ同じものはありません。同じような損傷と思っても、その原因は異なっている場合もあります。橋の点検を行い、損傷の原因をつきとめるための詳細な調査を実施する。その結果、損傷の原因がはっきりし、その原因に対する補修補強対策を決定する。このように、不明であった事象を解き明かし、解決していくことは楽しいことだと思います。

今後の目標及びそのために行っていることは?

 損傷事例やその補修対策は数多くあり、損傷原因が未知のものであることもあります。少しでも多くの人に私の経験・知識を伝え、技術の伝承、技術者育成に繋がればと思い、日々、後輩社員と業務に取り組んでいます。

当社に入社を決めた理由は?

 会社訪問時に当時の支店長、採用担当者と会話をした時に、この人達と一緒に仕事をしたいとひとめぼれしました。どのような仕事も同じでしょうが、建設コンサルタントは、人と人のつながりが大きいと思いますので、人を大切にしたいと思っています。


▲ページトップへ

3年目の挑戦

2013年入社 設計部 林 亮太

仕事の魅力、やり甲斐を感じることは?

 仕事の魅力・やり甲斐は、ジョブローテーションにより様々な分野に挑戦できる所です。入社3年目ですが、橋梁の補修・補強設計、橋梁点検、港湾・海岸保全施設の維持管理計画、河川構造物の設計等、様々な分野の業務に携わっています。日々、壁に直面していますが、先輩技術者の協力により、成長させてもらっています。

社内の雰囲気は?

 オフィスに間仕切りが無く、チーム内の動きが常に把握でき、気兼ねなく先輩や上司、他部門のメンバーにも話しかけることができる環境にあります。

今後の目標及びそのために行っていることは?

 現在は、先輩技術者の指示の下で、業務を行っていますが、5年目となる2年後には自ら考え、業務を遂行できるエンジニアになることが目標です。そのために、日々の業務遂行において、技術力を身に付けると同時に、専門分野の資格試験を積極的に受け、技術力向上に取り組んでいます。

当社に入社を決めた理由は?

 入社を決めた理由は、「人財」という考えに共感し、当社であれば、一人前のエンジニアになれると考え入社の意思を固めました。
 当社には、「企業の差は人財の差、人財の差は共育の差」という言葉があります。実際に入社すると、この言葉のとおり、社員一人ひとりを財産として考え、若手向けの勉強会を通して、先輩エンジニアと若手エンジニアが共に育つ環境にあることが分かります。

←前のページにもどる