中央コンサルタンツ株式会社

Voice100

こだわりを持った技術者
-利用者へ思いを込めて-

本店交通部課長 緒方弘毅(52歳)
技術士:建設部門(土質及び基礎)
建設部門(道路)

安全で快適な道路に

 私は、これまで道路設計に携わってきました。道路の種類は、自動車専用道路から住宅街の中の小さな道路があり、それぞれ役割が異なります。道路設計は、道路の役割を踏まえた上で、道路利用者が安全で快適に利用できるような道路にすることが重要です。

利用する人のことを考えて

 若い時に自然公園内の道路を設計しました。公園内の道路なため決まった基準がなく、道路の幅から舗装の色まで一から構造を決める必要がありました。また、車と散策者が同じ道路を利用することから、安全への配慮も重要でした。何度も発注者と議論を重ねながら、車から歩行者が確認しやすい構造や歩行者が路外に出るとき躓かない底の浅い水路など、公園に訪れる方が安全に心地よく散策できる道路が設計できたと思っています。大変でしたが、細部まで道路利用者のことを考えて設計できた良い経験でした。当時の発注者の担当の方とは、同じ目的で同じように苦労したためか、今でも懇意にしていただいています。

好奇心旺盛に

 利用する人のことを考え、こだわりを持った良い設計をするには、様々な制約条件から最適解を見つけるために、多様な知識が必要です。道路設計を行っていても川や橋の知識が必要な時もあります。多様な知識を得るためには、好奇心が必要だと思っています。中央コンサルタンツは、新しい事にも物おじせずにチャレンジし、物事を深く追及する好奇心いっぱいの技術者であふれています。共に頑張っていきませんか。